ビーグレン レチノAの効果と副作用…本当にシワに効く?口コミ検証

レチノールシワを改善する切り札のようなもの。

なぜレチノールが重要なのかというと、シワに積極的にアプローチできる成分がほんとんどないからです。

ここではレチノールを配合したビーグレンのQuSomeレチノAを取り上げ、レチノールの効果や副作用について解説します。実際に使った人の口コミも見てみましょう。

ビーグレン QuSomeレチノAの特長

ビーグレンは独自技術「QuSome(キューソーム)」を採用しています。QuSomeは針の先に約50個おさまるほどの極小の粒子。ビーグレン製品はQuSomeカプセルを何十億個も配合し、有効成分の浸透を高めています。

QuSomeレチノAはQuSome技術によって、繊細で壊れやすいレチノール(ビタミンA)を必要な場所に送り込みます。

配合されているレチノールは2種類

  1. レチノールプラス…ピュアなレチノールをカプセル化
  2. レチノイン酸トコフェリル…ビタミンEを加え、刺激を抑えたレチノイン酸

さらに年齢肌にアプローチする3つの成分を追加。レチノールの作用でちょっと気になる外部刺激の受けやすさを、うるおい成分とバリア機能強化でサポートしてくれます。

レチノAに配合されるレチノールの効果と副作用

レチノールは、油溶性のビタミンであるビタミンAの主要な成分です。天然の食品としては、レバー、うなぎ、乳製品などに含まれ、皮膚や目、粘膜の健康を保つのに必要です。

ビタミンAが不足すると、目への影響としては薄暗いところで見えにくくなる夜盲症、皮膚への影響としては乾燥や、肌表面で角質が溜まって厚くなる角質肥厚(かくしつひこう)につながります。

次に、レチノール配合の化粧品を使用したときに期待できる効果と、注意が必要な副作用について見てみましょう。

レチノールの効果「ターンオーバーを促す」

レチノールにはターンオーバー(肌の生まれ変わり)を促す働きがあります。肌細胞が活発に作られることでコラーゲンが増えれば、肌がハリ・弾力を取り戻することによるシワの改善効果を期待できます。

レチノールの副作用「紫外線対策は欠かせない」

レチノールには、同じ種類の成分で濃度の濃いレチノイン酸があります。こちらは美容医療で使われており、高い効果が期待できる反面、肌が赤くなる、ヒリヒリするといった副作用の心配もあります。
肌細胞は表皮の奥にある基底層で生まれ、成熟しながら肌表面に上がっていき、最後は死んで角質になります。ターンオーバーが活発になったことで次々に新しい細胞が生まれると、まだ未熟な細胞が肌表面に出てくるため外部の刺激に弱くなることがあります。紫外線などの影響も強く出てしまいます。

そのためレチノイン酸を使用する際は、必ず紫外線対策をする必要があります。例えば、ビーグレン エイジングケアトライアルセットに含まれるレチノールは医療用ほど強い働きはなく、副作用も強くはないものの、紫外線対策はしっかり行っておきましょう。

ビーグレン QuSomeレチノAの口コミ情報

QuSomeレチノAを実際に使ってみたユーザーの口コミを見てみましょう。

「気になっていた目元のシワがすこし薄くなりました」

「深く刻まれ、もう無理と思っていたほうれい線が改善」

「肌のハリがアップ! 刺激なく使えるのがうれしい」

「刺激を感じず小じわがなめらかに。メイクのノリもアップ」

「使い続けるうちに、肌が柔らかくなってきた気が」

「伸びがよく少量で済むのでコスパも良い!」

シワへの効果もさることながら、伸びの良さや、刺激の少なさが評価されていますね。

ビーグレン QuSomeレチノAのお買い得情報




⇒ビーグレンの公式サイト

 

ビーグレンのQuSomeレチノAはもちろん単品で購入してもいいのですが、トライアルセットなら3分の1以下の値段で試すことができます。少量ではありますがライン使いができるので、まだ本格的に使うかどうかを決めかねている人はトライアルセットから始めてみるのが良さそう。

ビーグレン QuSomeレチノAは「エイジングケア トライアルセット」に含まれています。

エイジングケア トライアルセットの内容は、

  1. クレイウォッシュ15g
  2. QuSomeローション20mL
  3. Cセラム5mL
  4. QuSomeレチノA 5g
  5. QuSomeモイスチャーリッチクリーム7g

となっており、シワ対策に有効な他のアイテムと一緒にライン使いすることで、レチノールの効果を最大限に引き出すことができます。

例えば、コラーゲンの生成を助けるビタミンCを含むCセラム、肌にうるおいを与えバリア機能を高めるQuSomeモイスチャーリッチクリームが、QuSomeレチノAをサポートします。

エイジングケア トライアルセットは、

  • 送料無料
  • 365日間返品・返金保証
  • 24時間・365日カスタマーサポート付き

とサポートも手厚い公式サイトから71%オフの1,800円で購入できます。

 

公式サイトはこちら!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

>>シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen

 

 

シワのメカニズムを知り、レチノAの効果を引き出そう

シワができるメカニズムを把握しておくと化粧品の使い方のポイントが分かるようになります。レチノAの効果を引き出すことができるでしょう。

シワができるメカニズム

シワには大きく分けて、肌表面にできる乾燥小じわ(表皮のシワ)と、肌の奥に原因がある深いシワ(真皮のシワ)があります。

肌が乾燥するとシワが目立ちやすくなりますよね? 肌がうるおいを失うとハリがなくなってシワになりやすいためです。20代~30代くらいまではターンオーバーの周期が短いので、しばらくすると回復します。また、肌にうるおいを与える保湿ケアによって、比較的簡単に改善することができます。

改善が難しいのは真皮のシワ。こちらは肌表面ではなく、表皮の奥にある真皮に問題があります。真皮の中で肌のハリや弾力を支えているコラーゲンやエラスチンがダメージによって傷つき、周囲にあるヒアルロン酸も減少。その結果、肌の奥が凸凹の状態となり、深いシワができます。保湿ケアは深いシワの予防につながりますが、できてしまった深いシワを改善するのは困難です。

深いシワの改善が難しい理由

深いシワは表皮ではなく真皮に原因があります。このことが深いシワの改善を難しいものにしています。

化粧品ではよく、「※角層まで」といった表記を見かけます。これは、有効成分が真皮までは浸透せず、肌表面の角層にとどまることを意味しています。もし色々な成分が簡単に真皮に侵入できるようだと、有害な物質も体内に入って病気を引き起こしてしまうでしょう。そうならないように、基本的に私たちの体は外部から与えた成分が真皮を越えて浸透しないようにできています。

このことは、シワを改善するための有効成分を真皮に届けられないことを意味します。例えば、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸といった成分に関しても、角層の保湿に役立つことはあっても、真皮に浸透してハリや弾力を回復することはありません。そのため、化粧品に含まれる成分によって深いシワを改善するのは難しいのです。

シワに効果のある対策は限られている

乾燥小じわ(表皮のシワ)は保湿ケアで改善できますが、深いシワ(真皮のシワ)についてはできることが限られています。

  • 保湿ケアによって乾燥小ジワの段階で食い止める
  • 紫外線対策によってコラーゲン・エラスチンのダメージを防ぐ

ことにより、表皮のシワが真皮のシワに発展しないように努めることが重要になります。できてしまったシワを消すというよりも、悪化する前に予防するという考え方です。

できてしまったシワを消す積極的なアプローチに関しては、実はあまり手段がありません。

例えば、肌にダメージを与える活性酸素の影響を抑えれば、老化によるコラーゲン・エラスチンの劣化を防ぎ、深いシワの改善をある程度期待できます。そのためには抗酸化力の強いビタミンCで活性酸素を防ぐのが有効です。ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きもあります。

そして、ターンオーバーを活発にすれば、傷ついたコラーゲンやエラスチンの回復が早まり、深いシワの改善を期待できるでしょう。ターンオーバーを活発にしてくれる成分には、ここでのテーマであるレチノールが挙げられます。

レチノールが注目される理由は、ビタミンCとともに、シワに対抗できる数少ない手段のひとつだからです。

30代?40代? QuSomeレチノAを使い始める年代

レチノールを配合したQuSomeレチノAは、いつ頃から使い始めるのがよいのでしょうか?

乾燥小ジワがやがて深いシワに発展することを考えると、そうなる前に手を打つのが有効といえます。

しかし、早ければ早いほどいいかというとそんなことはありません。というのも、レチノールに期待できるのはターンオーバーの活性化ですが、肌は無限にターンオーバーできるわけではないからです。

ターンオーバーによって新しい細胞が生まれるというのは、細胞分裂が起きるということ。そして、細胞分裂が可能な回数はあらかじめ決まっているという説があります。あまりにも若い内からターンオーバーを活性化しすぎると、お給料を前借りしているようなもので、後々借金に苦しむことになります。

例えば、20代の内から高級な化粧品でアンチエイジングを始めてしまうと、予定よりも早く細部分裂のチケットを使いすぎてしまい、40代、50代になったときに同年代に比べて老化が進んでいる!なんて可能性も。

肌年齢と実年齢は異なっており個人差はあるものの、本格的なエイジングケアは20代ではまだ早く、30代、40代から始めるのが一般的といえます。

>>シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen

まとめ

シワには比較的改善しやすい乾燥小ジワと、消すのが難しい深いシワがあります。

シワ対策の基本は、乾燥小ジワが深いシワに発展してしまうのを防ぐこと。保湿ケアとUVケアによって、真皮のコラーゲンやエラスチンをダメージから守ることが大切。
>
でも、難しいからといって深いシワをあきらめてしまっては、年相応に肌がエイジングしてしまうだけ。これに抵抗し、若々しくあり続ける努力を続けるのがスキンケアです。そして、レチノAに配合されているレチノールはシワに対抗できる数少ない手段のひとつです。

ターンオーバーを促すレチノールやビタミンCといった有効成分を活用できるビーグレン エイジングケアトライアルセットは気になるシワに対抗できるアイテムです。

ビーグレンはこのほかにも、ハイドロキノンを配合したシミ対策コスメでも有名です。ニキビ跡の中にはシミと性質が似ているものがあるので美白ケアが有効だとされています。

ビーグレンのライバルともいえるブランドにアンプルールがあります。この2つは美白ケアの分野でしばしば比較されます。どのような違いがあるのでしょうか? ビーグレン アンプルールを比較!毛穴、ニキビ跡で選ぶならどっち?